日本オフィス(東京・大阪・名古屋)

0120-4192-09【受付時間】
平日10時~20時/土日祝10時~19時

オーストラリア サマースクール Summer Vacation

TOP > オーストラリア > オーストラリア サマースクール
夏休みにオーストラリアに留学しよう!

夏休みにオーストラリアに留学しよう!

南半球に位置するオセアニア大陸は、日本列島のある北半球とは季節が反対です。ただ、オーストラリアの中でも冬(6~8月)にかけて少し肌寒くなる都市と、年間を通して暖かい気候の都市があります。例えばクイーンズランド州のケアンズ、ブリスベン、ゴールドコーストなどの人気留学地では、日本のような”冬”の気候はありません。そのため、日本の学校の夏休みの時期でも、穏やかな気候の中留学することができます。
反対に、シドニーなどは6~8月は日本の秋くらいの気候で、15度前後の過ごしやすい時期となります。

\ オーストラリアのサマースクール特徴 /

  • オーストラリアならではのアクティビティ

    オーストラリアならではのアクティビティ

    日本と季節が反対でも、クイーンズランド州のブリスベン、ゴールドコースト、ケアンズのような都市であれば、6~8月でもビーチアクティビティのようなオーストラリアならではのアクティビティを楽しむことができます。また、コアラやカンガルーのと触れ合える動物園に行ったり、公園でBBQをしたりと、オーストラリアに来たら1度はやっておきたいアクティビティも体験できるでしょう。

  • 世界各国の参加者

    世界各国の参加者

    クラスには、世界中から来た色々な国籍の参加者がいますので、日本では体験できないような、国際交流を楽しむことができます。
    英語だけでなく、様々な国の文化や特色も同時に学ぶことができ、世界各国に友達を作ることができます。
    プログラム参加中はもちろん英語を使ってのコミュニケーションになるため、日本人が苦手とする会話力も養われるでしょう。

\ サマースクール留学プラン /

\ ポイント /

航空券が安い!

6~8月の時期はオーストラリアではオフシーズンにあたり観光客も少なくなるため、航空券が普段より安く購入できる時期でもあります。そのため、日本の夏休みの時期でのオーストラリアへの渡航は、夏(12~2月)頃のピークシーズンよりも少しお得に留学することができます。日本の真夏のじめじめとした暑さから、少しクールダウンする意味も込めて、この時期すごしやすくなるオーストラリア留学がおすすめです。(都市によっても気温は異なるため下記参照)


\ おすすめの都市 /

シドニー

シドニー

シドニーは四季はありますが、冬(6月〜8月)でも最高気温は15℃を超える日が多く、最低気温が5℃を下回ることはほとんどないため、年間を通しても過ごしやすい気温です。冬でも雪が降ることはめったになく、日本ほど寒くもありませんが、アウターやストールなどの防寒具は必要です。また6月上旬に行われるい有名イベント、ビビッドシドニーでは、イルミネーションやプロジェクションマッピングを楽しむことができます。

ブリスベン、ゴールドコースト

ブリスベン、ゴールドコースト

6~8月は雨が少なく、平均最高気温が20度前後と、とても過ごしやすい気候です。ただ日中と朝晩とでは気温差があるので、羽織物を持ち歩くことをお勧めします。晴れの日も多いので、屋外でのアクティビティもしやすい季節といえるでしょう。
都会のアクティビティが好きな人はブリスベン、ビーチやリゾート地の雰囲気が好きな人はゴールドコーストがおすすめです。

ケアンズ

ケアンズ

ケアンズには、日本のような四季がない代わりに、大きく分けて雨季と乾季の2つとなります。ケアンズの雨季(12~5月)は、雨が多いためじめじめと蒸し暑くなります。乾季(6月~11月)は、雨が少なく気温も高すぎず低すぎないので、とても過ごしやすいです。そのため、乾季の方が外出しやすい気候で、観光やアウトドアを楽しむのに向いています。

\ 6月~8月の気候 /

気候

都市によって季節感が変わるので注意!

オーストラリアは南半球に位置しているため、日本とは季節が反対で6~8月は一般的に「冬」にあたる季節となりますが、国土が広いため、州や都市によってその気候は異なります。
例えば、赤道に近いノーザンテリトリー準州のダーウィンや、クイーンズランド州のケアンズなどは熱帯性気候であるため、冬でも半袖で過ごすことができます。同じくブリスベンやゴールドコーストも日中は半袖で過ごせる暖かい気候が特徴です。
それに対して、シドニー、メルボルン、アデレード、パースなどは温帯性気候のため四季がはっきりしており、6~8月に最も気温が下がります。日中は比較的過ごしやすい気温でも、朝晩は気温が下がるので要注意です。特にメルボルンとアデレードはこの時期冷え込むことも多いのでしっかりとした防寒が必要です。

\ 出発までの流れ /

  • 1

    ご留学プランのご相談開始(4-5ヶ月前まで)

    まずはご留学プランに関して、弊社までご相談ください。無料カウンセリング等を行い、ご希望に合った学校やプランなどをご提案させていただきます。夏休みにジュニアプログラムでご留学をされたい場合、一般的に春休み頃がお問い合わせが増える時期となります。少し早めに進めたい!という場合は2~3月頃でのご相談開始をお勧めいたします。

  • 2

    プログラムお申込(3-4ヶ月前まで)

    プランがお決まりになりましたら、正式に弊社にお申込みいただきます。弊社にお申し込み後、学校とのやり取り等に関してはこちらで行いますのでご安心ください。お申込ご希望の場合は担当カウンセラーまでお知らせください。お申込の流れについてご案内いたします。

  • 3

    費用のお支払い(2-3ヶ月前まで)

    費用は、弊社口座宛てに日本円でお支払いいただいた後に、こちらからその日のうちに学校に海外送金をいたします。
    お支払い時期は、ご出発の90日前以降を目安としてお考え下さい。お支払い完了後、お申込特典の無料英会話レッスンを最大3か月間受講いただけます。

  • 4

    航空券、海外留学保険のお手配(1-2ヶ月前まで)

    航空券、海外留学保険のご予約・お申込に関しては、通常学校へのい費用のお支払い完了後に行っていただいております。
    こちらに関しては、ご自身でお手配いただくことも可能ですし、弊社でご案内することも可能です。お気軽にご相談ください。

  • 5

    ご留学の最終確認(2週間前まで)

    ホームステイ先などは、学校にもよりますが、渡航の1か月~2週間前頃に確定します。そのため、渡航前2週間前後を目安に最終ご案内として、「留学のしおり」をご案内させていただきます。
    到着時やご留学中の注意点、滞在先や学校の住所など、資料をご参照の上ご確認ください。

  • 6

    ご出発