日本オフィス(東京・大阪・名古屋)

0120-4192-09【受付時間】
平日10時~20時/土日祝10時~19時

海外の教育制度 Education

TOP > 海外の教育制度
各国の教育制度の違いは…?

各国の教育制度の違いは…?

留学を検討するとき、日本の教育制度との違いや現地での教育カリキュラムなど気になることは数多くあると思います。日本は小学校から中学校が義務教育期間となりますが、国によっては高校までが義務教育であったり、国が変わると様々なことが異なります。よりお子様にあった学校選びをするためにも、教育制度を理解していくことは重要となります。このページでは、国ごとに教育制度の違いを比べてご説明します。

教育制度の違い

義務教育期間 新年度開始時期 留学生サポート
アメリカ K~Grade 12 8月または9月 ESL/EAL など英語の補講あり
イギリス 5歳~16歳 9月
カナダ 小学校~高校 9月
オーストラリア Prep~Year 9または10 1月下旬
ニュージーランド 6歳から16歳 1月下旬

留学に必要な試験

SSAT

SSATとは、Secondary School Admission Testの略称で、主にアメリカの高校へ進学する方が受ける試験です。Math、Reading and Verbal、Writingの3セクションに分かれていて、2400点満点で採点されます。一部学校はSSATの受験は必須ではありませんが、大学進学の実績が高い名門校では、留学生もSSATが入学条件に入ることもございます。日本でも年8回受験することができます。

TOEFL

TOEFLは、大学・大学院進学向けの英語力を図る試験です。高校留学でも英語力を提示するために、TOEFLのスコア提出を必須としている学校があります。

\ 高校留学準備コース /

留学ワールドを運営する株式会社DEOWは海外の高校に進学予定の生徒向けのオンライン講座を開講しています。

高校留学準備コース

特徴別おすすめの国

自然の中でのびのび暮らしたい

サポートが手厚い国

保護者が同伴できる