日本オフィス(東京・大阪・名古屋)

0120-4192-09【受付時間】
平日10時~20時/土日祝10時~19時

フィリピン留学 持ち物リスト Philippines

TOP > 親子留学持ち物 > フィリピン留学 持ち物リスト

日本から持参した方がいいもの

パスポート、パスポートのコピー 出発前に有効期限を確認しましょう。念のため1枚ずつコピーをとっておくことをおすすめします。
往復航空券(E-ticket) 国によっては、出発の時点で帰国する航空券の購入も必要となります。予約内容が分かる書類を準備しましょう。
入学許可証 学校へのお申込み内容が分かる入学許可証は必ず持参してください。
渡航前最終案内書類 滞在先の情報や緊急連絡先が記載されている書類です。
現金、クレジットカード 現金だけでなく、クレジットカードがあると便利です。現地で現金がなくなったときのために、現地でキャッシングができるカードがあるとより便利です。
海外旅行保険証券 医療費は高額です。
入学規定で加入が必須の学校も多くございますので、必ずご加入いただくようお願いいたします。
飛行機の中で遊べるおもちゃ フィリピン行きの飛行機は、航空会社によっては機内サービスがありません。塗り絵や絵本なども持参することをおすすめします。
夏服 フィリピンの洗濯機は日本のものほど高性能ではないため、使い込んでいる洋服をもっていくことをおすすめします。
3日分のシャンプーなど 留学が2週間以上の方は、まず3日分のシャンプーコンディショナー、ボディソープを持っていきましょう。現地へ到着後にまとめて滞在日数分購入すると荷物を減らすことができます。
ふりかけなど タイ米に慣れていない方は、ふりかけがあると便利です。
診断書 持病がある方や、アレルギーがある方は、事前に英文の診断書を作成しておくことをおすすめします。
常備薬 海外の薬は日本の薬より効き目が強いため、人によっては体に合わないこともあります。日本で飲んでいる薬がありましたら、留学期間+2週間分の薬を持っていくことをおすすめします。
携帯電話 現地の携帯会社と契約する場合は、SIMロック解除手続きを忘れずに行いましょう。
パソコンなど電子機器 パソコンや電子辞書など、現地で必要になることもあります。
日焼け止め フィリピンの日差しは、日本の5倍の紫外線があると言われています。日本の高性能な日焼け止めを持参すると安心です。
筆記用具 鉛筆や消しゴムなど日本の製品の方が使いやすいものも多くあります。筆記用具は日本から持参すると便利です。

\ 一言アドバイス! /羽織れるパーカーがあると便利

機内や街中のショッピングモールは冷房がきつく効いているところが多いため、寒いときに軽く羽織れるパーカーなどがあると便利です。
少し高くなりますが、現地にはユニクロがあるので、現地で買い足すこともできます。

現地でも購入できるもの

保湿用乳液など こちらも現地で購入することができます。
スナック 海外ならではのお菓子からオーガニックまで色々なお菓子があります。
ノート 文房具店で購入することができます。
洋服 ディスカウントストアやセールなどをうまく活用すると安く購入できます。
バス用品 シャンプー、コンディショナー、ボディーソープなどは薬局で購入することができます。