日本オフィス(東京・大阪・名古屋)

0120-4192-09【受付時間】
平日10時~20時/土日祝10時~19時

フランス 費用について Cost

TOP > フランス > フランス 費用について
意外と安い!?おすすめのフランス留学

意外と安い!?おすすめのフランス留学

フランス留学と聞くと、「高い」というイメージがあるかと思います。しかし実際は同じヨーロッパである英語圏のイギリスや、人気のアメリカ留学などと比べると比較的お安めの価格設定であることがほとんとです。特に最も滞在費用が高いパリを除けば更にお安い傾向にあります。弊社ではご希望のプランやご予算に合わせて、学校やエリアをご提案いたします。

\ 留学の総額費 /

  • 出発前にかかる費用

    入学金、授業料、滞在費用、空港送迎費用、航空券代、海外旅行保険料、海外送金手数料

  • 現地到着後にかかる費用

    お小遣い、テキスト代

\ 留学費用内訳 /

出発前にかかる費用

入学金

学校によってはプログラム費用として、授業料などに含まれている場合もありますが、相場は50EUR~90EURほど、一回限りのお支払いであることが多いため、次回ご留学時には入学金が免除されることが多いです。授業を受ける生徒様それぞれに発生し、親子留学の場合はお子様と親御様それぞれにかかる費用です。

授業料、滞在費用

サマースクールでは、より分かりやすいように、授業料と滞在費用はセット価格になっていることが多く、例えば、授業週20時間+アクティビティ+3食付き複数人部屋寮で1週間いくら、という形です。対して親御様の大人のご留学の場合は、授業料と、滞在費用と別々に計算することが多く、授業料週20時間の1週間の価格がいくら、ホームステイが1週間いくら、というように分けられています。もちろん、通学プランや、お子様と親御様が一緒にホームステイをする場合などアレンジされたい場合は、各費用をそれぞれ分けて再計算してくれます。授業は一般的に週15時間や20時間、さらに週15時間のグループ授業+マンツーマン等いくつかアレンジも可能で、授業時間数が多くなればなるほど価格が高く、その場合はアクティビティは受けないということになりますね。

空港送迎費用

こちらもプログラム費用として含まれていることもありますが、相場は30-190EURとその町によって差があります。お子様が一人でご留学される場合はもちろん往復の送迎をお付けになるのが一般的で、学校が用意したバンが空港や最寄り駅まで送迎を行ってくれます。同じ時間帯に到着、出発する生徒を一日に何度かに分けて空港や駅まで送り迎えをするため、他の生徒のための待ち時間などもありますが、待ち時間がある場合でもお子様が空港や駅で一人になることはなく、最後まで学校スタッフが付き添います。

航空券代

フランスへの往復フライトの相場は夏場ですと、15-25万円ほどが相場となっています。航空券はご自身でお手配頂くことも可能ですが、弊社提携の旅行会社を通してご案内も可能です。ご要望を頂ければまずは無料のお見積りをご案内いたしますのでその後ご検討いただけます。

海外旅行保険

ご留学の保険は学校によっては、プログラムにフランス現地の保険が含まれていることもありますが、その場合でも、事前に日本の保険会社の保険にご加入をお勧めいたします。日本の保険会社の保険であれば、問い合わせ先も、帰国後の保険金請求もすべて日本語で可能です。例えば弊社でご紹介の保険ですと最も一般的なもので、8日間で7千~1万2千円台、15日間で1万3千円~2万円台の価格となっています。これらの保険には現地で病気やけがをした際の医療保険、また、滞在先のものを壊してしまった、ものを取られた場合などの保証もございます。ご留学中は何が起きるか分かりませんので保険には必ず加入しましょう。

海外送金手数料

プログラム費用のお支払いは弊社に頂き、弊社より学校に海外送金を行います。その際に銀行に発生する海外送金手数料のお支払いがございます。

到着後にかかる費用

お小遣い

サマースクールの場合は食費は基本すべて含まれていることが多いので、お小遣いは観光中にお土産を買ったり、ショッピングを行う場合のご自身のお小遣いです。お子様ですと一般的には3万円以上は持たせないでほしいという学校も多いですね。親御様の大人の留学の場合は、ホームステイですと昼食が含まれませんので、昼食代を含む観光やショッピングの費用、また学校のアクティビティ中や、放課後にクラスメートと皆で外食に行こう、となるケースもありますので交友費としてのお小遣いもあったほうが安心です。大人の方の場合は短期留学でも5万円ほどは見ておくと良いでしょう。足りなくなった時のために現地で現金を引き出せるキャッシュパスポートやクレジットカードの持参をお勧めします。

テキスト代

プログラムに含まれている場合も多いですが、相場は25-60EURほどです。テキスト代としてテキストを購入する場合と、先生がプリントアウトをした資料を教材として使用する学校は、マテリアル代としてお支払いが発生します。

\ 留学費用内訳 /

モデルケース①

入学金 ¥7,615
学費(週20レッスン) ¥208,132
留学保険料目安 ¥14,030
海外送金手数料
¥6,000
合計 ¥235,777

※往復空港送迎、1日3食、週5回のアクティビティ、週2回のエクスカーション、授業料、滞在費用など込み

モデルケース②

入学金 ¥0
学費(寮滞在) ¥252,551
ディズニーランドエクスカーション ¥22,844
往復空港送迎 ¥20,306
留学保険料目安 ¥14,030
海外送金手数料 ¥6,000
合計 ¥315,730

※1日3食、アクティビティ、週15時間のフランス語レッスン、エクスカーション、授業料、滞在費用など込み

\ 節約するためのコツ /

1フランスの地方を選ぶ

フランスパリは人気の留学先で、お勧めでもありますが、費用面ではやはり他都市と比べると高めです。地方にも自然、スポーツ、世界遺産などの魅力が沢山ありますので、地方の留学先を選ぶことで費用を抑えることが可能です。

2安めの航空券を狙う

多くの航空券価格比較サイトがありどのサイトから選べばいいのか迷ってしまうかもしれませんが、いくつか比べてみることがとても大事です。少なくとも2-3社のサイトを比較、その中でお安めのフライトを見つけた場合は、更にそこからそのフライトの航空会社サイトで正規の価格も確認してみると良いでしょう。そうすることで相場やコツがつかめてくるかもしれません。

3事前にフランス語を学習しておく

これは充実した留学を送るための大きなポイントですが、結果的に節約につながることもあります。サマースクールは最も一般的なお安い価格のプログラムで、週15時間(1日3時間)授業+アクティビティとなっています。大人の方も同じく、週15時間が最もお安いコースであることが多いです。そこから週20時間、週22.5時間+マンツーマンなど追加費用にて授業時間数を増やすことが可能ですが、もともとA1以上のレベル(超初心者レベルを終えた程度)があれば、授業時間数を増やさずに留学できるというメリットもあります。

\ よくある質問 /

支払いは分割にできますか?
お支払いは一括でのお支払いとなります。一般的には渡航の4週間前までにお支払いとなりますが、学校によってはお支払い後お席を確保となる場合もありますので、その場合はよりお早めに、お支払いのご案内を差し上げることもございます。
入学後、現地で留学期間の延長は可能ですか?
プログラムに空きがございましたら可能です。特にサマースクールはプログラム開始前に予約が埋まってしまうことも多いため、空きがあれば、というご案内にはなりますが、空きがある場合は追加料金のお支払いでご延長可能です。ご希望の場合はお早めに弊社にお知らせください。
サマースクールのお小遣いの管理方法は?
学校にもよりますが、お小遣い含め貴重品は学校に預けることになっているシステムの学校もあります。使うときにその都度スタッフに依頼するという流れです。特に小さなお子様の場合は学校が管理するケースが多いです。逆に中高生の場合は自己管理も可能ですが、学校に預けたほうが安心という場合は預けることも可能です。
現地でお小遣いが足りなくなったときは?
足りなくなった時の場合に備えて、事前に現金だけではなく、クレジットや国際キャッシュカードを準備しておきましょう。小さなお子様の場合はこれらのカードを作ることが難しいこともありますので、現金を少しだけ多めにお持ちいただくほうが安心ですが、どうしても足りなくなってしまった場合は、学校にお小遣いを海外送金するなどの方法で学校が対処してくれるケースもあります。