日本オフィス(東京・大阪・名古屋)

0120-4192-09【受付時間】
平日10時~20時/土日祝10時~19時

フランス 留学期間について Period

TOP > フランス > フランス 留学期間について
フランス留学、目安の留学期間は?

フランス留学、目安の留学期間は?

フランスのサマースクールは一般的に6月末ごろから8月中旬頃までの約2か月間行われます。その間1週間単位で入学が可能です。対して親御様が受講可能な大人のコースは通年の開校で、入学日は毎週月曜日(初心者は毎月一回)、こちらも1週間単位で留学可能です。お子様とご一緒のご留学ですとおおよそ最大8週程度のご留学になるのですが、この最大8週間のうち、ご自身の目標やプランに合わせてどのくらいの期間の留学にすればよいのか、期間を決めるポイントを紹介していきます。

\ 期間別留学の目標 /

初めてのフランス留学、まずは体験から (1週間)

ご留学は1週間単位で可能ですので、まずは1週間からという方も少なくありません。特にフランス語が初心者のお方や、留学そのものが初めてで馴染めるか不安が残るという場合などは1週間からの体験という目的でフランス留学をやってみるのもよいでしょう。一般的にチェックインは週末、オリエンテーションやレベルテストは月曜日、本格的な授業は火曜日~金曜日、そして土曜日か日曜日にチェックアウトとなりますので、1週間の場合は実質授業を受けるのは4日間のみとなります。

海外の友達を作りたい(2~3週間)

2~3週間のご留学ですと、仲の良いお友達がよりできやすくなってきます。1週間目はなかなか環境に慣れるのが精一杯で、お友達作りまでは気が回らないということもありますが、もう少し長く留学することで気の合う仲間が自然と集まってきます。同じレベルのクラスを取っている生徒や、同じアクティビティを取っている生徒と何度か続けて接することで徐々に打ち解けてくるでしょう。語学の面ではまだなかなか、おぼつかない面もあるかもしれませんが、互いに身振り手振りや、辞書を引きながらのコミュニケーションで友達ができてくると思います。

フランス語への抵抗をなくしたい(4週間)

授業やアクティビティは全てフランス語で行われます。4週間の間毎日フランス語でプログラムを受けていると、いくつか何度も繰り返し出てくる単語やフレーズが耳に残り、また発音もできるようになってきます。自分でもそれを使ってみることによってコミュニケーションが可能になり、更に楽しく学びにつながる時期です。コミュニケーションを取る手段がフランス語しかないことで、話さなくては前に進めないため、完璧でなくても、自然と話すことに抵抗がなくなることが多いです。

より多くの語彙力を付けたい(5~6週間)

フランスでの生活に慣れ、友達もでき、語学への抵抗力がなくなったところで、次のステップが本格的なフランス語学習です。留学での実際のフランス生活によって、より多くの語彙力が身についていきます。語彙力は机に向かって覚えるのではなく、実際に見て、聞いて、使っていきながら覚えるのが最も最適だと言われます。毎日の授業中で知識を吸収し、アクティビティやエクスカーション、寮やホームステイ生活でアウトプットを行います。

フランスを本気で学びたい(8週間)

5~8週間目の段階では、授業中以外の時間でも知識のインプットが増えていきます。仲間とのフランス語生活の中で、友達が使う単語の意味が気になったり、授業中以外に先生が使う知らない表現を自分から調べたりと、基礎ができて、どんどん分かることが多くなってくるがゆえに、学習意欲も湧いていきます。8週間の留学を終えるころには多くの生徒様が、CFER語学レベルの6レベルで、1つのレベルを修了できる程度のフランス語力が身についていることが多いですね。

\ 留学期間の決め方 /

お子様の進路を逆算してみる

お子様の進路を逆算してみる

将来のお子様の受験の時期や目標を逆算して、ご留学期間を決めることも大切です。例えば、受験を控えている学年のお子様は、夏休みの間に受験勉強する時間を考慮する必要があります。また、受験が近くない場合でも、お子様を将来フランスへ長期留学させる予定である、日本での受験先で、フランス語の選択肢がある等の場合もサマースクールの留学期間を決める大きな要素になりえますね。

予算で決める

予算で決める

どんなに長く留学したいと思っていても、もちろんご予算があるかと思いますので、その点も留学期間を決めるための大きなポイントです。なお、短期間でも、アクティビティを減らして授業を追加するプランもありますので、アクティビティよりもとにかく短期間で授業を多く受けたいという方でも効率よく学習することができます。留学費用に関しては費用についての解説ページをご参照ください。

目標で決める

目標で決める

お子様、親御様の留学の目標によって留学期間を決めていくこともできます。まずはフランス語に興味を持ちたい、フランスという国をりたいなどですと1-2週間の短期留学、多くの友達を作りコミュニケーションを取りたいなどの場合はより長く、フランス語をできるだけマスターしたい場合は、多くの学校の最長期間である約2か月間の留学など、目標によって期間を決めるのも1つのポイントですね。

\ 裏技 or ポイント /

サマースクールは語学だけではない!スポーツや文化体験も可能!

フランスのサマースクールでは、フランス語の学習だけではなく、体を動かすスポーツ、海でのスポーツも体験できます。お子様にとって初めてのスポーツ、あるいは得意なスポーツもやらせてみたいという場合にもフランス留学はお勧めです。テニス、ドッジボール、バスケットボールなどの一般的なスポーツはもちろん、海辺の街ではサーフィンやセーリングなどの多くの種類のマリンスポーツの選択肢があり、初心者でも参加できるものもあります。また、街の観光や世界遺産への遠足なども含まれているため、貴重な経験ができる大きなチャンスです。

\ よくある質問 /

現地で留学期間の延長はできますか?
プログラムに空きがある場合は可能です。寮に空きがない場合は、今までとは異なるホームステイや、別の寮など、他の滞在先への移動がある場合がございます。
延長の費用のお支払いは?
プログラムを延長された場合、追加料金は弊社にお支払頂き、弊社より学校に海外送金を行います。あるいは、追加料金が少額の場合で、キャッシュパスポートなどをお持ちの場合は、生徒様が学校窓口にて直接お支払頂くことが可能な場合もございます。