日本オフィス(東京・大阪・名古屋)

0120-4192-09【受付時間】
平日10時~20時/土日祝10時~19時

アイルランド 留学期間について Period

TOP > アイルランド > アイルランド 留学期間について
アイルランドのジュニア・親子留学におすすめの期間は…?

アイルランド留学、期間はどうする?

アイルランドに限らず、留学期間の設定に悩む方は多いですよね。お子様にとっては初めての海外、ご留学というケースもあるかもしれません。特にアイルランドは日本人が少なく、ヨーロッパの方が多い留学先。特にジュニアプログラムではそれが顕著で、お子様の参加されるプログラムに他の日本人がいる可能性は非常に低くなります。そのような環境がお子様にどう影響するのか、悩まれる方もいらっしゃるかもしれません。このページでは、保護者の方とお子様が一緒に留学される場合、また中学生や高校生のお子様が単独で留学される場合の期間の定め方、またそれぞれの留学期間で経験できることなどをご紹介します。

\ 期間別留学の目標 /

海外生活を体験する(1週間)

1週間の留学であれば、英語の学習よりもアイルランドでの経験、観光がメインになる方が多いのではないでしょうか。お子様は主にヨーロッパから来られる同じ年代の子供たちと交流できますし、授業後は親子で一緒に学校主催のアクティビティに参加することができます。1週間という短期留学であれば、お子様はアイルランドならではの英語+α(乗馬、サッカーなど)のプログラムに参加をされ趣味を楽しんでみるのも良いかもしれません。

海外を楽しむ(2週間)

2週間のアイルランド留学となると、土日の週末を挟むため自由な時間も増えて楽しむ余裕が出てきます。学校が手配をしてくれる日帰り旅行もあり、またご自身で手配をされ遠出をすることもできますね。お子様も1週間のアイルランド生活を終え、2週目はお友だちとの交流を楽しみやすくなり、1週目よりも落ち着いて生活をすることができるのではないでしょうか。

アイルランド生活に慣れる(3週間)

お子様にとっての3週間のご留学は、大人にとっての3週間の留学に比べてかなり長くなります。アイルランドという国を”体験”しているという感覚よりも、アイルランドに”住む”という感覚の方が強くなるはずです。大人になっても鮮明に覚えている、濃い思い出になるのではないでしょうか。3週間となれば週末も2回挟み、滞在都市から離れたところにも行きやすくなります。

英語に慣れ話せるようになる(4週間)

お子様と一緒のご留学に限ったことではありませんが、1ヶ月というまとまった期間留学することで英語に慣れ、英語が出てくるようになったというお声をよく聞きます。日本ではなかなか話す機会がない英語が、アイルランドという英語環境で過ごすことで自然と口から出てくるということです。アイルランドでの生活にも慣れてひと回りもふた回りも成長されたお子様の、英語力の向上を感じることができるはずです。

現地校へ通う(1年間)

中高生のお子様を、アイルランドの現地校へ通わせたいと思われる保護者の方もいらっしゃるかもしれません。もちろん現地校卒業を目的とした正規留学をすることも可能ですが、アイルランドの高校では1学期のみ、1年間のみの留学生も受け入れているため、日本の学校に籍を置きながらアイルランド現地の中学、高校へ通うことも可能です。アイルランドは日本とは異なり新学期が9月に始まるため、留学開始は9月になります。全寮制の学校やホームステイへの滞在が可能な学校、男子校/女子校や共学校などご希望を伺った上でご留学先の学校が決定します。

\ 留学期間の決め方 /

目的から逆算する

目標から逆算をする

まだ留学まで時間がありアイルランド留学に使える時間が多くあるのであれば、留学が終わったときにどうなっていたいか、という目標から決めるのがおすすめです。アイルランドで海外生活を経験することや、英語力の向上、また今後海外に進学することを見据えた留学など、それぞれ異なった目的や目標がありますよね。お子様の年齢によっては、海外生活の経験に2週間は長すぎることもあるかもしれませんが、英語力の向上を目的とされる場合は、4週間以上のご留学がおすすめです。

予算で決める

予算で決める

留学にはまとまった時間も必要ですが、まとまった費用も必要です。特にお子様の参加されるジュニアプログラムは、サポートなどを含め全てがパッケージに含まれていることもあり大人のコースよりも費用は割高です。日本からアイルランドへのフライト代も決して安くはないですし、今回のアイルランド留学に使える予算を軸にプラン立てをしてみても良いかもしれません。

希望のプラン、日本での予定で決める

希望のプラン、日本での予定で決める

お子様の日本の学校の予定や保護者の方のお仕事の都合で、限られた時間しか確保ができないという方もいらっしゃると思います。もしくはお子様の参加されるプログラム内容によっては開講時期や受講可能期間があらかじめ決まっていることも少なくありません。日本の学校の都合で短い期間しか時間がとれないという方もいらっしゃるかもしれませんが、せっかくの留学ですので、思う存分吸収できる留学にしたいものです。使える時間を有意義な留学に充て、今後に役立てたいですね。

\ 裏技 or ポイント /

イギリスへの留学も可能!

アイルランドの多くの語学学校では、ジュニアプログラムの拠点をアイルランドだけでなくイギリスにも持っているところが大人向けコース以上に多くあります。お隣の国ですが、文化も国民性も全く異なるこの二つの国。例えば一つ学校が提供しているプログラムであっても、アイルランドで1週間、イギリスで1週間と2カ国留学をすることも可能です。ヨーロッパ、そしてアイルランドならではのこの2カ国留学を体験してみませんか?

\ よくある質問 /

何歳から留学できますか?
ジュニアプログラムの受け入れは多くの学校で11歳〜17歳とされていますが、学校・時期によっては4歳以上のお子様であれば受け入れが可能なケースもございます。語学学校の大人向けコースは学校によりますが16歳以上、アイルランドの中学校は12歳〜15歳、高校は15歳〜18歳です。
期間の延長はできますか?
日本人は最大90日間アイルランドにビザなしで滞在をすることができますので、この期間内であれば簡単にコースの延長が可能です。