日本オフィス(東京・大阪・名古屋)

0120-4192-09【受付時間】
平日10時~20時/土日祝10時~19時

フィリピン 親子留学 Family

TOP > フィリピン > フィリピン 親子留学
フィリピン

1週間から体験できるフィリピン親子留学

年々進むグローバル化を受けて、お子様と一緒に親子で留学に挑戦するご家族も増えてきています。主な欧米圏は飛行機で片道10時間以上とお子様との移動にハードルも高いですが、フィリピンは、成田・名古屋・大阪から直行便で約5時間と欧米諸国の半分の時間で行くことができます。毎週日曜日到着で1週間から受け入れをしているため、保護者の方が働いているご家庭でも、ゴールデンウィークやお盆、年末年始などの長期休みを利用して留学することもできます。フィリピンで出来る親子留学のプログラム内容やお勧めの理由について解説します。

\ おすすめの理由 /

  • 通年でジュニア向けプログラム開講

    通年でジュニア向けプログラム開講

    アメリカやイギリスなど欧米圏の語学学校は、グループクラスのプログラムになることから、夏や冬など長期休みの時期のみジュニア向けカリキュラムを開講している学校が多くなります。フィリピンの場合は、マンツーマンクラスがメインで組まれているため、通年でジュニアプログラムが開講されています。時期を選ばずに行きたいタイミングでいけることは、フィリピン留学の魅力です。

  • 移動時間は平均5時間~7時間

    移動時間は平均5時間~7時間

    日本からフィリピンへは、セブ・マニラ・クラークの3都市へ直行便が就航しています。お子様との移動は、一人での移動以上に気を使うことが多く、一番最初のハードルでもありますが、飛行機に乗っている時間も約5時間のため、欧米圏への留学より移動面での疲れるポイントが少なくなります。飛行機の乗り換えが必要な地方都市の場合も、マニラから飛行機で1時間ほどの場所が多くなります。飛行機が苦手なお子様と一緒の渡航の場合は、まず直行便でいけるエリアにある学校でご留学をしてみることがおすすめです。

  • 費用は欧米圏の半額

    費用は欧米圏の半額

    フィリピン留学の魅力はなんといっても物価の安さです。ここ数年フィリピンも著しい経済成長を遂げているため、年々物価も挙がっていますが、物によっては日本や欧米圏の3分の1以下の物もまだ多くあります。フィリピン留学は食事や滞在先などすべてセットになっているため、学校へ支払う費用は欧米圏と大きく差がなかったとしても、生活費や航空券代など総合費用で比較すると約半額で留学することができます。

\ 親子留学プラン /


\ おすすめの都市 /

セブ島

セブエリア

セブエリア(セブ島・マクタン島)へは直行便が就航しているため、親子留学でも一番人気の留学先です。日本人向けのサポートを提供している日本資本の学校も数多くあり、滞在先のグレードやお子様向けの授業内容、サポート体制など様々な面で選択肢が多くあります。学校数が多い分、学校選びがとても重要なエリアでもあります。さらに、最新の医療機器を備える総合病院もあるため、お子様が体調を崩した際にも安心して受診することができます。

クラーク

クラーク

クラークへは、成田と関空から直行便が就航しています。以前米軍基地があったエリアのため、今でも多くのアメリカ人などネイティブスピーカーが多く居住しているため、ネイティブ講師のクラスを格安で受けることができます。中規模のショッピングモールがいくつかあり、生活がしやすい都市として親子留学の方から人気があります。

\ ポイント /

  • 授業の内容をチェック!

    留学の目的によって、おすすめの授業内容が変わります。例えば、1時間集中力が持たないお子様や英検対策など勉強したいことが決まっているお子様の場合は、オーダーメイドで学習ペースや授業内容が選べるすべてマンツーマンクラスがお勧めです。海外進学を見据えての留学の方は、複数の人の前で英語を話すことに対しての抵抗を減らして、色々な方の英語に慣れるためにも、1日1コマはグループレッスンが組まれているプログラムがお勧めです。語学学校によっては、1月、6月~8月の時期を除いてジュニアの留学生が少ない時にはマンツーマンクラスを提供していることもあるため、事前に学校への確認が必要となります。フィリピン留学センターでは、留学後までお伺いした上で、ご留学プランをご提案しています。

  • 学校の立地をチェック!

    親子留学で学校の立地はとても重要となります。水遊びが好きなお子様は、学校内にプールがある学校がお勧めですし、喘息もちのお子様の場合は、郊外で自然豊かな環境の学校がおすすめです。また、アレルギーが多くお子様の食事を自炊される方は、滞在先近くにスーパーがある学校が便利です。また、学校によっては、歩き始めのお子様でも安心して滞在できるようスポンジマットを敷いている部屋を用意している学校もあります。学校内にあるプレイルームなど、こだわるだすと色々な条件が出てきますが、より安心・充実の留学生活にするには、授業だけでなく立地にもこだわることをおすすめします。

\ 出発までの流れ /

  • 1

    ご留学プランのご相談(7ヶ月前まで)

    夏休みのご留学は半年前には満室になる学校が多いため、前の年の年末までにご留学の計画をスタートすることをおすすめしています。

  • 2

    プラン決定、お申込み(6ヶ月前まで)

    ご留学プランが決まりましたら、お申込み手続きを開始します。お申込み方法などにつきましては、担当カウンセラーよりご案内いたします。

  • 3

    お申込み内容の確認

    お申込みいただき、学校へお申込み手続きが完了しましたら、お申込み内容を確認いたします。

  • 4

    お支払い (2ヶ月前まで)

    ご出発日から数えて90日を切りましたら、2ヶ月前までを目安に学費のお振込みをお願いいたします。学費のお振込み後、中学生以上の方を対象とした英会話レッスンにご参加いただくことができます。

  • 5

    渡航前オリエンテーション(2週間前)

    ご出発の2週間前になりましたら、ご渡航前の最終ご案内資料をマイページへアップロードいたします。月に2回、弊社オフィスにて渡航前オリエンテーションを行っていますので是非ご参加ください。

  • 6

    ご出発

\ Q & A /

0歳の子供と一緒に留学することはできますか?
語学学校によっては、6ヵ月以上のお子様から受け入れをしています。0歳のお子様は日本でも予防接種が多く予定されているため、一通りの予防接種が終わってからのご留学を推奨しています。弊社では今までにも0歳のお子様との一緒のご留学をサポートいたしておりますので、お勧めの語学学校やご留学プランなど気になることがございましたら、お気軽にお問合せくださいませ。
学校を決める前に現地へ見学にいくことはできますか?
もちろん可能でございます。事前のカウンセリングでご希望の条件にあう学校を4校ほどご紹介させていただき、見学のスケジュール調整も致します。特に現地の学校への進学を見据えている方、3か月以上の長期留学でご検討されている方へは、事前の見学をお勧めいたしております。
日曜日ではなく、水曜日など週の途中で留学することはできますか?
ホテルに滞在するオーダーメイド式カリキュラムの一部学校では、週の途中での留学を受け入れしていますが、9割以上の学校が日曜日のチェックインで月曜日から始まるスケジュールでのご案内となります。